前へ
次へ

腫瘍科診療

 当院では癌・がん・悪性腫瘍の治療に関して、癌学会や各種腫瘍セミナー、また腫瘍の治療に力を入れた動物病院での勤務経験をもとに、がんの治療に力を入れています。

 悪性腫瘍は初期に「正しい診断」と「正しい治療」を行えば、根治も期待できるものもたくさんあります。

 気になるしこりがある、現在の悪性腫瘍の治療で不安な事がある、等お気軽にご来院下さい。お力になれるかもしれません。

 また、がんは基本的には初期治療でしか完治が望めません。早期発見のためにもペットドックの受診や定期的な超音波検査をおすすめしております。

院内細胞検査

 当院では迅速・安価にがんの診断補助を目的として、細胞検査の知識も取り入れ院内補助細胞診断を行っております。

 例えばリンパ腫など、迅速に診断が必要な腫瘍を見つけた場合は診断後、即日抗がん治療が開始できます。

 診断精度は病理診断の専門家が最も信頼できるために、細胞検査専門家への依頼も同時に行います。

 細胞検査はあくまで確定診断ではなく、基本的には麻酔が不要な腫瘍の診断を推測するための検査です。

セカンドオピニオンの場合

週間診療案内

 腫瘍科診療は現在のところ特に指定曜日は設けておりませんので随時可能ですが、

レントゲンやエコー画像、血液検査、そして病理検査の結果などを含めた、様々な検査データ

 がありますと、スムーズに診療ができる可能性が高いです。不可能であればデータを無理に持参していただく必要はありませんのでまずは電話などでご相談下さい。

 なお、内臓の状態確認として血液検査や腹部超音波検査を行う場合が多いです。

 腹部超音波スクリーニング検査などは手術などの無い昼休みに行います。前もってお電話で確認してください。

■ 腫瘍疾患の一例 ■

■ 皮膚の腫瘍

肥満細胞腫

 皮膚でよくみられるがんの一つです。進行していなければ、適切な治療で完治も目指せます。完治には、初期に正しい治療をする必要があります。

■ 腹部の腫瘍

胃腺癌

 胃の粘膜にできる、治療の難しいがんの一つです。初期に発見することがとても困難であり、症状が出るころには大分進行しています。ペットドッグの際にたまたま見つかることがあります。

■ 胸の腫瘍

胸腺腫

 心臓のそばにある胸腺という部分が腫瘍科してしまう腫瘍です。ほとんどの場合手術で完治する事が多く、癒着が起こる前であれば手術が可能です。胸を大きく開く手術が必用になります。

■ 骨の腫瘍

骨肉腫

 骨にできるがんのうちの一つです。犬と猫で挙動が異なり、猫の場合はほとんどの場合手術により完治が望めますが、犬の場合は発見時にもう転移していることが多く手術は緩和手術になることがほとんどです。

■ 血液の腫瘍

リンパ腫

 血液のがんのうちの一つです。同じ仲間に白血病があります。リンパ節に発生することが多いですが、その次に多いのが胃や腸です。手術での完治は望めないため、抗がん剤での治療となります。

Page Top