循環器科診療のご案内

 循環器診療の日程:
  ホームページのトップをご覧ください。

 日程は追加や調整ができます。お問合せ下さい。

 当院では、循環器(心臓病)を専門に診療している獣医師が定期的に診療を行い、精密検査やカウンセリングを含めた診察を行っております。

 定期的に、循環器診療日を設けており、完全予約制です。詳しくは当院へとお問い合わせ下さい。

  ※ 専門医のいない日は、院長が診療を行っております

あなたのペットの心臓は大丈夫ですか?

 獣医療の進歩に伴って寿命が延長し、心臓病はがんと並び、人間と同じように死因のトップ3に入るようになりました。

 特に 「7歳以上」 「小型犬」 の場合は高い割合いで心臓病にかかる可能性があります。

 初期では症状がまったく無いために、安心をしていると病気が重くなってから見つかることになります。

 経験豊かな専門の獣医師による精密検査で、細かな症状の変化を見逃さないことが大事です。

 心臓病について「治療について専門家の意見を聞きたい」「この薬は本当に必要なのか知りたい」「心雑音が聞こえると言われた」など、

 気になることがありましたら、一度専門の獣医師の診察やカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

診断医のお知らせ

 診断医:伊藤 大輔
 有名な動物病院で定期的に心臓病の検査を行うだけではなく、
 関東圏内のさまざまな動物病院で心臓病を中心に検査を行っております。

 ツイッター & ウェブサイト

 twitter @vetsheart

 愛犬が心臓病と言われたら

 愛猫が心臓病と言われたら

■ 診察の流れ ■

 ■ 循環器検査
 ■ 総合診断&カウンセリング、報告書(メール)
 ■ 診療料金

■ 循環器検査

 人間の精密検査と同等レベルの検査を専門医が行います。内容は心臓の超音波検査・胸部レントゲン検査・血圧検査・心電図検査です。必要に応じて追加検査を行います。

 

触診・視診

 循環器を専門として診療している獣医師による、視診・触診・聴診など各種診断を行います。心臓や肺の異常な音はここでチェックします。

 

心電図検査

 心臓の筋肉で起こる微量な電気の流れをチェックします。主に不整脈をチェックします。

 

心臓超音波検査

 超音波では、痛みも被爆も無く、レントゲンでは決して検査することのできない心臓の全体の動きや血液の流れ、心臓の筋肉の状態などをチェックすることができます。

 

胸部レントゲン検査

 心臓の大きさや心臓周囲の血管の異常、そして気管や肺に異常が無いかを麻酔をかけずにチェックします。おとなしければ、4方向から撮影します。気管虚脱などのより確実な診断が必要な場合は、プラス料金がかかります。

 

血圧検査

 人間と同じように高血圧などの異常が無いかをチェックします。

■ 総合診断&カウンセリング、報告書(郵送またはメール)

 各種検査の結果を総合的に判断し、最良と思われる診療を導き出します。

 各種検査終了後、循環器専門医によるカウンセリングがあります。現在の治療で不安に思う事やセカンドオピニオン、そして今後について、何でも相談ができます。

 検査結果やカウンセリング内容は、メール等にて報告書が飼い主さんの手元に送られます。その後の簡単なメール相談もできます。メールアドレスをご用意ください。

■ 診療料金(税別)

  • 通常の診察料:1000円(再診料)~1500円(初診料)
  • カウンセリング料:7000円
  • 心臓超音波検査・診断:12000円
  • 胸部レントゲン検査・診断:9000円
  • 心電図検査・診断:6000円
  • 血圧測定・診断:3000円

Page Top